気合いの丸刈り 松井「サッカー人生の新しい門出」

[ 2011年9月22日 10:49 ]

ブレスト戦の前半、競り合うディジョンの松井(左)

フランス1部リーグ ディジョン1―0ブレスト

(9月21日)
 松井は途中出場した開幕戦以来、6試合ぶりにピッチに立った。今季初先発は前日に伝えられたそうで「気合を入れるため。心機一転というか、自分の中で何かを変えたいという気持ちもあった」と丸刈りにして臨み、奮起した。

 序盤にヘディングでゴールを狙い、決勝点を生んだ前半のPKを誘う場面にも絡んだ。ワールドカップ(W杯)アジア3次予選で日本代表から漏れた30歳の技巧派は「サッカー人生の新しい門出」と意気込んだ一戦で、まずまずのアピールとなった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月22日のニュース