権田が証言「清武コールばかりだったんで東はめちゃめちゃ気合入っていた」

[ 2011年9月22日 07:28 ]

<日本・マレーシア>後半に入っても果敢にシュートを放つ東

ロンドン五輪アジア最終予選 日本2―0マレーシア

(9月21日 ベアスタ)
 関塚ジャパンの背番号10を背負うMF東が、突破口を切り開いた。

 気合も違った。地元九州のスタジアムには家族をはじめ、中学、小学校時代の恩師が駆けつけていた。だがサポーターの注目は既にA代表でも活躍する清武ばかりに集中。東自身は「成長した姿を見せられたかな」と照れ隠ししたが、GK権田が「清武コールばかりだったんで、東はめちゃめちゃ気合入ってましたよ」と笑った。関塚ジャパンを勢いづけた一撃は熟練の連係と反骨心のたまものだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月22日のニュース