口をつくのは反省ばかり 永井「得失点差もあるので」

[ 2011年9月22日 07:09 ]

<日本・マレーシア>攻め込みながら、ゴールを奪えず首をかしげる原口
Photo By スポニチ

ロンドン五輪アジア最終予選 日本2―0マレーシア

(9月21日 ベアスタ)
 切り札として後半途中から投入されたFW永井は「(2点目を)アシストできたのは良かった」としながらも「全体的に決定力が足りなかった。3点目を取りたかった。チームとして得失点差もあるので」とポイントゲッターの役割を果たせなかったことに肩を落とした。

 左MFとして初めてフル出場した原口は最後まで浦和で見せる左サイドからの突破ができず「後半、相手が引いて難しかった。高い位置でもう少し我慢しないといけなかった」と悔やんだ。

 先発の1トップに抜てきされたFW大迫も「もっと勢いよくゴール前に入っていければ。もっとシュートを打ってもよかったし、もっと点の取れた試合だった」と口をつくのは反省ばかりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月22日のニュース