清武「人間的に成長」観戦恩師の誕生日に白星贈る

[ 2011年9月22日 06:00 ]

ロンドン五輪アジア最終予選 日本2―0マレーシア

(9月21日 ベアスタ)
 スタンドでは清武の両親、真梨子夫人とともに、大分・明治北小時代の恩師・新庄道臣氏(明治北SSC総監督)が見守った。

 「子供のときから、この子は日の丸をつけると思っていた」と当時を思い出して目を細めた。今年1月には母校での初蹴りで再会。「去年と違って人間的に成長していた。自分から子供たちに声をかけて盛り上げ、グラウンドでの光り方が違った」と笑った。この日は新庄氏の67歳の誕生日。愛弟子の成長した姿が最高の贈り物となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月22日のニュース