絶妙ノールックスルー 清武“別次元”アシスト

[ 2011年9月22日 06:00 ]

<日本・マレーシア>前半10分、清武(右)が右アウトで絶妙のスルーパス。先制点をアシスト

ロンドン五輪アジア最終予選 日本2―0マレーシア

(9月21日 ベアスタ)
 U―22日本代表がエースのMF清武弘嗣(21=C大阪)の活躍で白星スタートを切った。21日、ホームで迎えた初戦のマレーシア戦に2―0で勝利。清武は前半に絶妙なスルーパスでMF東慶悟(21=大宮)の先制点をアシストすると、後半にも途中出場のFW山崎亮平(22=磐田)の追加点を演出した。完封勝利を飾った一方、チームとしては決定力不足という課題も残った。次戦は11月22日にアウェーでバーレーンと対戦する。
【試合結果 アジア最終予選C組】

 関塚監督に続く“ヒーローインタビュー”で、清武に笑顔はなかった。大分出身とあって九州のサポーターからの大きな声援に「本当にうれしかった。期待に応えたかったけど、すいません。次はゴールを決めるので、また応援をお願いします」と申し訳なさそうに話した。アシストを含む2点に絡む活躍よりも、得点を挙げられなかったことをわびた。

 それでも別次元のプレーで、チームの全得点を演出した。まずは前半10分、東の横パスを受けてドリブルを開始すると、瞬時にトップスピードに乗った。DF3人を引きつけると、右足アウトサイドで右サイドのスペースへノールックパス。走り込んだ東が右足から放ったシュートでネットを揺らすと、満員の観衆をのみ込んだスタジアムも揺れた。「自分で打つか、慶悟(東)に送るかだった。決めてくれて良かった」。ロンドン五輪へ続く、アジア最終予選の初戦。A代表でも活躍する背番号17がアシストを記録し、チームを勢いに乗せた。

 後半31分には中央からふわりとFW永井へパスを送り、FW山崎の追加点を演出した。「謙佑(永井)が見えたので出すだけだった」と平然と語ったが、その視野の広さ、ラストパスをピンポイントで送れる能力こそ清武の持ち味。五輪代表では別格で、A代表でもデビューから3戦3アシストという結果に表れている。

 前半32分、後半29分には強烈なミドルシュートを放ってゴールに迫ったが無得点。「自分も決めるチャンスはあった。決めないと苦しくなる」と攻撃の中心としてチームを引っ張る覚悟があるからこそ、自分を厳しく評価して反省を口にした。試合終盤には左太腿裏を押さえて顔をしかめ、関係者をヒヤリとさせたが「次はつらないように、トレーニングしたい」と軽症を強調。自身を含めたチームの決定力という課題は残したが、勝ち点3という最大の目標は達成した。第2戦は11月22日、アウェーでバーレーンと対戦。最大のライバルと目される相手に敵地で勝利すれば、5大会連続の五輪切符獲得の可能性は大きく広がる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月22日のニュース