PR:

ロスタイムまさか…なでしこ 北朝鮮とドロー、五輪切符お預け

<日本・北朝鮮>前半、ゴール前に飛び込みGKチョ・ユンミ(1)と交錯する永里優

 来年のロンドン五輪出場権を懸けたサッカー女子のアジア最終予選は8日、中国山東省の山東スポーツセンターで行われ、なでしこジャパンは北朝鮮代表と1―1で引き分け。3勝1分けとなり、3大会連続4度目の五輪出場決定は持ち越しとなった。日本時間午後8時から行われる中国―オーストラリア戦で、中国が引き分けか敗れた場合に日本の五輪出場が決まる。

 勝てば五輪出場が決まった一戦。日本は立ち上がりこそMF大野、FW永里優のワンツーなどでチャンスをつくったが、その後は北朝鮮に再三攻め込まれる苦しい展開。相手の激しいプレスで攻撃の形をつくれない選手たちに、佐々木監督が「ボールを動かせ」と大声で指示を送る場面もあった。この状況を打開しようと、日本は前半途中から川澄と大野がポジションをチェンジ。川澄が右サイドに入り、大野は永里優と2トップを組んだ。前半は0―0で終了。

 後半8分、佐々木監督は大野に代えてFW安藤を投入。同17分には安藤のボール奪取から好機をつくり、MF宮間のクロスに永里優が頭で合わせたが、ゴールの枠を外れた。その後ももどかしい展開が続いた日本だったが、後半37分、北朝鮮のオウンゴールでついに先制。中盤からDF岩清水がクロスを上げるとペナルティーエリアから永里優がシュート。これを相手GKが防いだが、こぼれ球がDFに当たり、ゴールに吸い込まれた。

 しかし勝利目前のロスタイム2分すぎ、DF近賀のクリアミスから北朝鮮に同点ゴールを許し、試合は1―1で終了。主将のMF沢は「勝てた試合。自分たちのミスで失点したのは悔しい」と厳しい表情だった。

 6チームが争う最終予選は上位2チームが五輪に出場する。五輪出場権争いは日本(勝ち点10)、北朝鮮(同8)、中国(同5)、オーストラリア(同3)に絞られている。

[ 2011年9月8日 18:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月23日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム