タジキスタン“暫定”新指揮官「誇り高く戦う」

[ 2011年8月24日 06:00 ]

 W杯アジア3次予選で日本などと対戦するタジキスタン代表の新指揮官に急きょ就任したラティコフ監督が意気込みを語った。

 失格となったシリアに代わっての出場に「C組の対戦相手は強豪ぞろいだが、誇り高く戦う」。地元メディアによるとクラブと兼任の暫定監督で、23日から国内で合宿がスタート。国内組のほか、ロシア、イランなどの国外組も招集して、9月2日のホーム・ウズベキスタン戦に臨む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月24日のニュース