佐々木監督、守備強化に着手!カウンター対策も

[ 2011年8月24日 06:00 ]

選手に指示を出す佐々木監督

なでしこ合宿2日目 岡山・美作市

(8月23日)
 佐々木監督が守備強化に着手した。午前練習後のミーティングで19日のなでしこリーグ選抜との慈善試合の映像をチェックし、午後から吉備国際大男子サッカー部と11対11のゲーム形式の練習(約10分×3)を実施。最終予選では相手が守備を固めてくることが想定されるため、カウンター対策なども確認した。

 フルメンバーの1本目は0―0だったが、ポジション変更でFW丸山を中盤に下げるなどした3本目は1失点。「久々に男子選手とやって、かなり多くの課題と修正点が出てきた。原点に返り、W杯でできていた部分を思い出したい」とDF岩清水。今後も同大との練習が予定されており、指揮官は「慈善試合はサイドバックが開いて絞りきれず、ボランチのリスク管理もできていなかったのでその部分を確認した。いいチェックができた」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月24日のニュース