J2草津から加入のG大阪新助っ人がハットトリック

[ 2011年8月21日 06:00 ]

<G大阪・川崎F>後半2分、PKを決めるラフィーニャ

J1第22節 G大阪6―3川崎F

(8月20日 万博)
 G大阪は7月にJ2草津から期限付きで加入したFWラフィーニャが、07年のFWバレー以来クラブ4年ぶりのハットトリックを記録した。

 後半1分に得たPKは、本来のキッカーである遠藤からポルトガル語で「蹴る?」と打診され「オブリガード(ありがとう)」と即答。同点弾を決めると後半43分、試合終了間際にもボレー弾をたたき込み「嬉しい」と喜びを爆発させた。これで6戦7発。クラブ側はすでに来季、完全移籍での獲得の意向を持っている。

 ≪クラブ通算18回目≫G大阪FWラフィーニャが今季J1初のハットトリックを達成。G大阪では07年のFWバレー以来、通算18回目。18回は磐田と並び最多タイとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月21日のニュース