さぁ大阪ダービー 長居の芝も“蚊取り線香”カット

[ 2011年8月12日 06:00 ]

13日のダービーに向け、長居スタジアムの芝が「KINCHO蚊取り線香カット」になる

 蚊取り線香パワーでガンバ退治や!C大阪は11日、13日のG大阪戦に向け、長居スタジアムのピッチの芝を“蚊取り線香カット”にすることを決めた。大阪ダービー仕様で、今季唯一のスペシャルバージョン。関係者は「業者さんが気合を入れて芝を刈ってくれています。キンチョウデーなのでぜひ勝ってほしい」と因縁のダービー撃破に期待を込めた。

 レヴィー・クルピ監督は蚊取り線香カットのイメージ写真を眺めながら「なかなか見た目はかっこいい」と話しつつ、「選手も審判も目が回らないだろうか」と真面目に?心配した。真夏の蒸し暑さが気になるナイターだけに、DF上本も「(ピッチに)蚊がけっこういる。火をつけましょうよ」と歓迎。そして「ダービーは選手もスタッフもサポーターにも違った意味がある。アグレッシブさを出して、その思いを爆発させたい」と気合を入れた。

 大阪ダービーでは、5月24日のACLラウンド16で勝利を収めるも、リーグ戦では03年以来10戦勝ちなし。ホームのリーグ戦では01年以来、勝ちがない。渦巻きパワーの後押しも受け、ガンバイレブンをきりきり舞いさせたいところだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月12日のニュース