森本 ノバーラ移籍初戦で2発デビュー

[ 2011年7月25日 06:00 ]

練習試合でノバーラ移籍初ゴールを決める森本

 セリエAノバーラに移籍したFW森本貴幸(23)が23日、セリエD(5部)のアックイとの練習試合で実戦デビューし、いきなり2得点と爆発した。後半から2トップの一角で出場すると早速、同3分に相手GKの頭上を越すループ弾でまず1点。同39分には角度のない位置から2点目を決め、抜群の存在感を示した。

 森本は「うれしかった。(カターニアの4―3―3に比べ)やりやすい」と流ちょうなイタリア語で手応えを語った。現在はキャンプが始まったばかりでチーム全体が体力面を追い込んでいる時期。森本自身も「まだ50%くらい。1カ月後には完璧にしたい」と話すが、新加入の一員として、何より目に見える結果が欲しかったところだ。

 昨季のカターニアでは出場わずか12戦と冷遇を受け、移籍を決断。その意気込みを示すプレー内容に、テッセル監督も「彼が素晴らしいスピードを武器とするFWであることは確認できた」と満足そう。日本代表ザッケローニ監督も注目する“和製大砲”が上々のスタートを切った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年7月25日のニュース