宇佐美 手応えと課題のバイエルンデビュー

[ 2011年7月22日 06:00 ]

マインツ戦の前半、攻め込むバイエルンMの宇佐美(右)

 バイエルンMのFW宇佐美貴史が実戦デビューを果たした。20日、プレシーズン大会の3位決定戦のマインツ戦(30分ハーフ)に先発出場。控え中心のメンバーで4―2―3―1の右MFに入ると「どんどん仕掛けて持ち味を出そう」と積極的にドリブル突破を狙い、前半30分にはスルーパスで決定機をつくった。

 得点には絡めず後半19分に交代したが「最初にしては悪くはなかった。最初はなかなかボールも出してもらえない。技術や力をアピールしていきたい」とまずは同僚から信頼を得ることを課題に挙げた。なお、チームは2―2からのPK戦を制して3位となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年7月22日のニュース