香川、宇佐美がプレシーズン大会で先発出場

[ 2011年7月21日 09:45 ]

マインツ戦の前半、攻め込むバイエルン・ミュンヘンの宇佐美(右)

 サッカーのドイツ1部リーグの4チームによるプレシーズン大会は20日、マインツで行われ、MF香川真司のドルトムントが決勝でハンブルガーSVを2―0で下して優勝した。香川は先発したが、無得点で前半のみで退いた。

 バイエルン・ミュンヘンにJ1G大阪から移籍したばかりのMF宇佐美貴史は3位決定戦のマインツ戦に先発して後半途中までプレーしたが、無得点だった。チームは2―2からのPK戦を制して3位となった。試合はいずれも30分ハーフで行われた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年7月21日のニュース