開催国ドイツ紙がなでしこ称賛「驚くべき精神力」

[ 2011年7月18日 19:03 ]

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)開催国ドイツの主要紙(電子版)は18日、米国を破り初優勝した日本代表「なでしこジャパン」について「2度もリードされながらもPK戦で勝った。驚くべき精神力の強さだ」(ウェルト紙)などと相次いで称賛した。

 大衆紙ビルトは「親愛なる日本女子の初優勝を心からお祝いする」と強調。「ねたみではない」とわざわざ言及、準々決勝でドイツを破ってそのまま勝ち続け、世界一になった日本を素直にたたえた。

 フランクフルター・アルゲマイネ紙は「日本が大きな夢を実現した」とした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年7月18日のニュース