世界のクイーンへ 沢穂希 出版社はホクホクの増刷決定

[ 2011年7月18日 08:05 ]

沢穂希は日の丸を手にウイニングラン

MF沢 穂希(さわ・ほまれ)

 決勝では延長後半に値千金の同点ゴールを決めて、なでしこを初の世界一に導いた主将・沢は、1978年9月6日、東京都府中市出身の32歳。中学生で加入した読売ベレーザ(現・日テレ・ベレーザ)で長年活躍し、米プロリーグでもプレー。今年1月からINAC神戸レオネッサに加入した。

 代表では172試合に出場し、通算80得点。5度目のW杯となった今大会ではメキシコ戦でハットトリックを達成するなど5ゴールを決めて大会得点王、MVPをダブル受賞した。釜本邦茂氏(67)のの日本代表通算最多得点記録75を抜いて、男女を通じて歴代単独1位となった“日本のクイーン”。08年に出版された著書「ほまれ」(河出書房新社)は、W杯効果で急きょ増刷が決定した。1メートル64、55キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2011年7月18日のニュース