宇佐美 バイエルン初練習「自然とやれた」

[ 2011年7月18日 06:00 ]

バイエルンM移籍後初の練習に臨む宇佐美

 G大阪からドイツ1部の強豪バイエルン・ミュンヘンへ移籍した日本代表FW宇佐美貴史(19)が17日、初めてチーム練習に参加した。

 2時間弱の練習ではボール回しや8対8のハーフコートゲームなどを行い、パスがあまり回ってこなかったが「1日では難しい。早く自分を知ってもらいたい。練習が一番大事だから、そこに集中したい」とした上で「あんまり戸惑いもなかったし。自然とやれた感はありました」と手応えを口にした。

 ハーフコートゲームではドイツ代表DFラームとマッチアップし「こういう環境を望んで来た。練習で対戦できるのはベストですよね」と笑顔。1000人近いファンの前でプレーし、練習後にサインも求められた。18日に入団会見を行う。(ミュンヘン・堀秀年通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年7月18日のニュース