甲府の伊東が500試合出場!J1史上初の快挙

[ 2011年7月16日 19:10 ]

J1通算500試合出場を達成し、試合前に大東チェアマン(右)から記念品を受け取る甲府の伊東

 サッカーのJ1甲府のMF伊東輝悦(36)が16日、甲府市の山梨中銀スタジアムでのG大阪戦にフル出場し、史上初となるJ1通算500試合出場を達成した。伊東は試合後「たくさんの方に支えられながらここまで来られた」と話した。

 伊東は静岡・東海大一高(現東海大翔洋高)から1993年に清水入りし、94年6月11日のG大阪戦でリーグ戦にデビュー。昨季までは清水一筋でJ1通算483試合に出場した。今季加入した甲府でも開幕から全17試合に先発し、500試合に到達した。96年のアトランタ五輪では「マイアミの奇跡」と呼ばれるブラジル戦で決勝点を挙げた。

 J1出場試合数の2位はDF山田暢久(浦和)の474試合で、3位はGK楢崎正剛(名古屋)の458試合。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年7月16日のニュース