宇佐美 一睡もせずに出発 “人見知り対策”に家庭教師つけて語学勉強

[ 2011年7月14日 09:50 ]

ドイツへの出発を前に抱負を語るサッカー男子日本代表FWの宇佐美貴史

 サッカーJ1のG大阪からドイツ1部リーグの強豪バイエルン・ミュンヘンへ移籍する男子日本代表FW宇佐美貴史(19)が14日、大阪空港から成田空港経由でドイツに向けて出発。13日夜の神戸戦から一睡もせずに家族と過ごしたというが、すっきりとした表情で「日々努力すれば自然とチャンスは巡ってくる。まずは自分の力をどんどんアピールすること」と意欲を語った。

 人見知りの性格と公言しているだけに、現地では家庭教師をつけて語学勉強に励む予定だ。「早く慣れないといけない。こっちから話して、雰囲気だけでも分かってもらえたら」と積極姿勢を強調する。ドイツでのワールドカップ(W杯)で躍進中の女子日本代表については「世界大会の上の方に行くのを見ると、自分も頑張らないとなと思う」と刺激を受けた様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年7月14日のニュース