8クラブが争奪戦!明大・丸山…関塚ジャパンも注目

[ 2011年7月1日 06:00 ]

 関塚ジャパンの秘密兵器として期待される明大4年のDF丸山祐市(22)の来季獲得を目指し、横浜、G大阪、浦和、大宮、J2のFC東京、千葉、栃木、京都と総勢8クラブが争奪戦を展開していることが30日、分かった。

 昨年末には福岡大のU―22日本代表FW永井(現名古屋)の獲得をめぐって5クラブが競合したが、丸山争奪戦はそれ以上の規模となる。

 1メートル83の丸山はレフティーで、センターバックだけでなくサイドバックもこなす。昨年はアジア大会代表にも選出(合流前に故障で離脱)された。一般企業への就職を希望していたため大学でサッカーを辞めるつもりだったが、ここに来て翻意。一度は獲得を諦めたJクラブが一斉に獲得に乗り出した格好だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年7月1日のニュース