“ユベントス本田”地元イタリア各紙も一斉報道

[ 2011年6月30日 06:00 ]

本田のユベントス移籍に関する記事を1面に掲載したトゥットスポルト紙

 CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(25)が今夏の移籍市場でセリエAのユベントスに移籍することが有力となったことを受け、地元イタリア各紙は29日付で大々的に報じた。

 日本が16強入りしたW杯南アフリカ大会での活躍を含め、本田の実力を高く評価。さらに来季から就任するアントニオ・コンテ新監督(41)の描くチーム構想に合致する人材と伝えた。

 名門ユベントスが本田獲得へ――。地元イタリアでの反応は、世界的なスター選手並みに大きかった。29日付のトゥットスポルトは、移籍問題に揺れるサントスのブラジル代表FWネイマールとともに「ビアンコネーリ(ユベントスの愛称)が本田に興味」と1面で報じた。

 また、コリエレ・デロ・スポルト紙はユベントスで強化部門の責任者を務めるマロッタGMが、日本と強いつながりを持っていることを強調。同GMはベネチア時代にMF名波浩、サンプドリア時代にFW柳沢敦(現仙台)をセリエAに移籍させた実績があり、チェゼーナ時代のDF長友佑都(現インテル・ミラノ)の獲得にも動いていた。日本人選手の特長やプレースタイルを熟知していることが、本田の高い評価につながっているとみられる。

 ロシアリーグの中断期間を利用して28日に帰国した本田は28、29日と宮城県など被災地をプライベートで訪問した。「率直にビッグクラブが僕の噂をしてくれるのは悪いことじゃない」と報道を歓迎していた本田。地元イタリアで“ユベントス本田”の注目度はさらに高まりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月30日のニュース