ユベントス“改革元年”の目玉に本田 ザック監督も太鼓判

[ 2011年6月28日 10:01 ]

 イタリアの名門ユベントスが、今夏の移籍市場でCSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(25)の獲得に動いていることが27日、分かった。

 復活を目指す名門は来季、約150億円を投じたサッカー専用の新スタジアムで迎えることが決定している。関係者によると、クラブ幹部は“改革元年”の目玉選手として本田に大きな期待を寄せているという。

 くしくも、ユベントスは日本代表のザッケローニ監督の古巣。ACミランをリーグ優勝に導いた経験も持つイタリア人指揮官からも「本田はイタリアのビッグクラブで活躍できる」とお墨付きをもらっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月28日のニュース