エース永里 先制弾「体が無意識に反応した」

[ 2011年6月28日 06:00 ]

<日本―ニュージーランド>前半、先制ゴールを決める永里(右)

女子W杯1次リーグB組 日本2―1ニュージーランド

(6月27日 ボーフム)
 先制点はエースストライカーが決めた。前半6分、MF大野が相手のパスをカットした瞬間、FW永里がゴールへ向かってダッシュ。守備ラインの裏へ抜け出し、浮き球のパスを冷静に左足で押し込んだ。

 「感覚に任せて動いたら、体が無意識に反応した。イメージ通りのゴール」と振り返った。今大会の開催地・ドイツのポツダムでプレーする23歳は「得点を取るのが自分の仕事」とゴールでチームをけん引していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月28日のニュース