なでしこ 白星発進…岩渕がドリブルでNZ切り裂いた

[ 2011年6月28日 06:00 ]

<日本・ニュージーランド>後半、ドリブル突破を図る岩渕

女子W杯1次リーグB組 日本2―1ニュージランド

(6月27日 ボーフム)
 世界大会で初のメダル獲得を目指すなでしこジャパンが白星発進した。FIFAランキング4位の日本は27日、1次リーグB組の初戦で同24位の格下・ニュージーランドに2―1で辛勝。1―1に追いつかれて迎えた後半23分、途中出場のFW岩渕真奈(18=日テレ)が得たFKをMF宮間あや(26=岡山湯郷)が直接決めて勝ち越した。次戦は7月1日にメキシコと対戦する。

 柔よく剛を制す。日本で2番目に小柄な1メートル55のFW岩渕が、大柄なニュージーランド守備陣を切り裂いた。憧れというメッシばりの約40メートルのドリブル突破。3人かわすとペナルティーエリア直前でFKを獲得し、これがMF宮間の勝ち越しゴールに直結した。

 「ハラハラドキドキさせてすいません。思った以上の暑さで足が止まったし、集中力を欠いた。決めるところを決めていれば。これが第1戦の重みだと思う」と佐々木監督が振り返ったように辛勝だった。FIFAランク4位の日本は、1次リーグB組で一番格下の同24位ニュージーランドの“パワープレー”に苦戦。前半6分にFW永里のゴールで先制したが、同12分に相手の徹底したロングボールからクロスを上げられ、1メートル72の長身FWハーンに頭で押し込まれた。その悪い流れを変えたのが、後半10分から投入された岩渕。初のW杯に向けて「チームに貢献したい。まず練習からコツコツ頑張って少しでも多く試合に出たい」と控えめに意気込みを語っていたチーム最年少の18歳が、後半43分には約35メートルのロングシュートを放つなど堂々としたプレーを披露した。

 なでしこの未来を担うヒロインだ。08年のU―17女子W杯で2得点を挙げるなど鮮烈な印象を残し、チームは準々決勝で敗れながら異例の大会MVPを獲得。優勝した09年のU―19女子アジア選手権でもMVP。フル代表に初招集された昨年2月の東アジア選手権ではいきなり2得点を挙げて大会得点王に輝いた。

 試合後はピッチでチーム全員で円陣を組み、勝利を喜んだなでしこジャパン。08年北京五輪の4位を超える初のメダルを目指し、苦しみながら勝ち取った勝ち点3を次のメキシコ戦につなげる。

 ◆岩渕 真奈(いわぶち・まな)1993年(平5)3月18日、東京都生まれの18歳。05年に日テレの下部組織メニーナに入団し、07年にトップチームにも登録され、なでしこリーグデビュー。08年なでしこリーグ新人賞。昨年なでしこジャパン入りし、国際Aマッチ7試合2得点。1メートル55、52キロ。血液型O。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月28日のニュース