ポルトガル1部のスポルディングが乾に興味

[ 2011年6月28日 06:00 ]

 ポルトガルの名門スポルティングがC大阪のMF乾貴士(23)の獲得に乗り出したことが27日、分かった。

 関係者によれば、スポルティング幹部が、乾の攻撃的センスと卓越した技術を高く評価しており、今後正式オファーに発展する可能性が高いという。

 スポルティングは1906年に創設。国内リーグ優勝18回、カップ戦優勝19回を誇る欧州を代表する名門。ポルト、ベンフィカと並び“ポルトガル3強”と呼ばれ、今季リーグ戦も3位。来季の欧州リーグの出場権を得ており、選手層を厚くするため、日本の誇るテクニシャンに白羽の矢を立てた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年6月28日のニュース