9戦連続勝利なし…浦和 超ロングミーティング

[ 2011年6月20日 06:00 ]

 同一シーズンでは93年以来18年ぶりの9戦連続勝利なしとなった浦和は19日、緊急の超ロングミーティングを行った。

 まずはペトロヴィッチ監督の発案により選手だけで100分間会議を行い、別室では同時進行で橋本社長、柱谷GM、ペトロヴィッチ監督の3者会談を1時間実施。その後、練習を始めた大部分の選手をよそに今度はペトロヴィッチ監督、鈴木主将、平川副主将の3人が約2時間も話し合った。合計で延べ4時間近いミーティングでは現状打開に向けた選手の意見が吸い上げられ、「私がいないことで、いくつか新しい話も出てきた。今後チームをどうしていくか考えることができた」と話した指揮官は22日の福岡戦でフレッシュな選手の起用を明言。柱谷GMは「ペトロに勝たせてやりたい。ペトロで勝ちたい。皆同じ気持ちです」とさらなる協力態勢を強調していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月20日のニュース