ハーフナー3戦連発“アピール弾”のはずが…

[ 2011年6月16日 06:00 ]

<鹿島・甲府>後半ロスタイム、ゴールを決め笑顔を見せる甲府・ハーフナー・マイク

J1第15節 甲府1―0鹿島

(6月15日 カシマ)
 甲府のFWハーフナー・マイクが3試合連続弾を決めた。後半ロスタイムに途中出場の片桐のパスに反応。GKの動きを見極めて、左足で今季6点目を決めた。

 「冷静に振り抜くことができた。もっとレベルアップしていきたい」。日本代表入りをアピールする一撃になるかに思われたが、視察に訪れていたザッケローニ監督は得点シーンより前の後半途中にスタジアムを後にしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月16日のニュース