クウェート 潤沢オイルマネーで“ニンジン作戦”

[ 2011年6月16日 06:00 ]

 クウェートの前にビッグな“ニンジン”がぶら下げられた。U―22クウェート代表は15日に来日し、名古屋市内で非公開練習を実施。同行するジャンマリー渉外担当は2次予選を突破した場合には「家を購入できるほどの高額ボーナスを用意している」ことを明かした。

 同氏は「日本には戦術があるが、われわれには熱いハートがある」と話した。26選手中、22歳が2人、19歳が6人という若手中心の編成だが、13日にはシンガポールA代表を相手に2―1で勝利。日本にとっては侮れない相手となりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月16日のニュース