宇佐美“酷評”に発奮!紅白戦で魅せた個人技

[ 2011年6月6日 06:00 ]

西(左)、森脇(中央)をかわして攻め上がる宇佐美

 日本代表FW宇佐美はハーフコートの紅白戦でドリブル突破から得点を決めるなど、ようやく持ち味が出てきた。

 4日にザッケローニ監督から「現時点では五輪代表」と“酷評”されたことに発奮。「そう思われているのは事実。できるだけ早い時間で見返したい」と気持ちを高ぶらせた上で「前に出る持ち味は出せてきたかなと思う」と手応えを口にした。チェコ戦での出場は微妙な状況だが、残り1日の練習で猛アピールする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年6月6日のニュース