エジ先制、原口ダメ押しで浦和快勝 

[ 2011年6月5日 17:57 ]

Jリーグ・ヤマザキナビスコ・カップ第1日 浦和2―0山形

(6月5日 埼玉)
 浦和が快勝した。序盤から引いて守る山形を攻めあぐねたが、前半終了間際にエジミウソンのPKで先制。後半は速攻で好機をつくり続け、44分に原口元気が突き放した。山形は攻撃に厚みがなく、長身FW大久保哲哉の投入も効果がなかった。

 ▽浦和・ペトロビッチ監督 原口は浦和の一番大きなダイヤモンドの原石だ。(公式戦7試合ぶりの白星で)この機会に勢いをつけ、いい流れに持っていきたい。

 ▽浦和・エジミウソン チームは日々、良くなっているし、試合でのチャンスも多くなっている。得点することで信頼感も生まれる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月5日のニュース