あいまいな関塚監督、原技術委員長の顔色うかがい…

[ 2011年5月28日 07:53 ]

U―22オーストラリア代表戦のメンバーを発表する関塚U―22代表監督

U―22日本代表発表

 6月1日に新潟・東北電力スタジアムでU―22オーストラリア代表と親善試合を行うU―22日本代表23人が27日、発表された。宇佐美貴史(19=G大阪)はA代表に招集され、香川真司(22=ドルトムント)、宮市亮(18=フェイエノールト)の選出も見送られた。
【U―22日本代表メンバー】

 3人の選考漏れに関して関塚監督はあいまいな発言に終始。宮市については「手元に置いて見るか。他のプレーヤーとのタイミングもある」と言葉を濁し、宇佐美に関しては「ザッケローニ監督と話して今回はAでの招集になった」とだけ話した。時折、同席した原技術委員長の顔色をうかがうようなしぐさを見せるなど歯切れが悪かった。

 宮市には当初A代表に招集する方針でレターを出したが、オフを確保するため所有権を持つアーセナルが派遣に難色を示し断念。当然、拘束力のないU―22代表への招集もかなわなかった。香川は1月のアジア杯で右第5中足骨を骨折。14日のリーグ戦最終節で復帰し、17日の慈善試合もピッチに立ったが、ドルトムントと話し合った結果、万全ではないと判断し、A代表、U―22代表ともに招集を見送った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年5月28日のニュース