「どんな形でも」メッシ 09年V再現を宣言

[ 2011年5月28日 06:00 ]

欧州CL決勝

(5月28日 ウェンブリー)
 欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝が28日、ロンドンのウェンブリー競技場で行われる。バルセロナのFWリオネル・メッシ(23)は自身のゴールなどでマンチェスター・ユナイテッドに2―0と快勝した09年決勝と同じ顔合わせにゴール再現を宣言。マンUを返り討ちにしてクラブ4度目の欧州制覇を目指す。

 今季公式戦54戦52得点の絶対エースは決戦に向け「ローマ(09年決勝)で得点したようにどんな形でも決めたい。勝って優勝杯を掲げたい」と強調した。CLのシーズン最多得点記録も懸かる。ここまで2位に3点差の11得点で3季連続得点王を決定的とし、12得点なら92~93年のCL移行後では最多の02~03年ファンニステルローイ(マンチェスターU)に並ぶ。記録より勝利優先とはいえ、自身が得点した過去の公式戦は勝率89・3%と不敗率98・3%を誇り、勝利をもたらすためにゴールは欠かせない。

 「ボールをキープしていつも通り攻撃し、ベストを尽くす」とメッシ。リーグ3連覇を決めた11日のレバンテ戦後は2戦連続で体を休ませた。CL決勝まで中16日の休養は今季最長となる。「早く試合が始まらないかと思っているよ」。あとは決勝で爆発するだけだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年5月28日のニュース