チェゼーナが宇佐美獲り!クラブ幹部「是が非でも」

[ 2011年5月27日 06:00 ]

チェゼーナから獲得オファーが届くことが決定的となった宇佐美

 セリエAのチェゼーナが、今夏の移籍市場でG大阪のMF宇佐美貴史(19)に獲得オファーを出す方針を固めたことが26日、分かった。関係者によると、クラブ幹部は今季途中にインテル・ミラノへ移籍した日本代表DF長友佑都(24)に続くタレント発掘に向け、日本市場の調査に着手していたという。最終的に欧州でもそのドリブル突破力とシュートセンスが高く評価されている宇佐美に絞り込んだ。

 日本サッカーの将来を背負って立つ存在として注目されている宇佐美に、イタリアから獲得オファーが届くことになりそうだ。関係者によると、長友の古巣チェゼーナが今夏での獲得を目指し、近日中にもオファーを出す方針を固めたという。同関係者は「クラブ幹部が宇佐美のプレーに魅せられ、是が非でも獲得したいと思っているようだ」と証言した。

 昨季20年ぶりにセリエA復帰を果たしたチェゼーナは昨夏、日本サッカーに精通するフィッカデンティ監督の強い要望もあり、10年W杯南アフリカ大会で活躍した長友をFC東京から獲得。その長友は期待以上のプレーを見せ、2月にインテル・ミラノへ移籍した。これを受け、チェゼーナ幹部は長友に続く日本人選手の獲得に向け、すぐさま日本市場の調査を開始。その中で目に留まったのが、当時18歳ながらG大阪の主力として活躍していた宇佐美だった。そうした中、チームが来季のセリエA残留を決めたこともあり、ここに来て一気に獲得への動きを本格化させた。

 ◆宇佐美 貴史(うさみ・たかし)1992年(平4)5月6日、京都府生まれの19歳。中3でG大阪ジュニアユースからG大阪ユースに昇格。09年、クラブ史上初めて高2進級時にプロ契約。U―13から各年代で日本代表入りを果たしている。1メートル78、68キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年5月27日のニュース