天皇杯 88チームで9月3日開幕

[ 2011年5月26日 18:58 ]

 日本サッカー協会は26日、第91回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の日程と組み合わせを発表し、開幕は9月3日に決まった。大会はJリーグ勢や47都道府県代表など88チームが参加し、前回優勝の鹿島などJリーグ勢は10月の2回戦から登場する。決勝は来年1月1日、東京・国立競技場で行う。

 東日本大震災で被害を受けた宮城県は天皇杯予選を兼ねた宮城県選手権の中止を決定。日本協会の佐々木一樹・天皇杯実施委員長によると被災した福島県も予選大会規模縮小の可能性があるという。同委員長は「両県からはぜひ参加したいという話をいただいている。推薦にはならない。(代表)決定戦をやる形になる」と見通しを語った。

 青森県代表と福島県代表が対戦する9月3日の1回戦は福島県のJヴィレッジが使用できないため、札幌厚別公園競技場で行われる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年5月26日のニュース