×

インテル決勝へ インフルエンザ明けの長友 守備で貢献

[ 2011年5月12日 08:58 ]

ローマ戦の前半、先発出場し攻め込むインテル・ミラノの長友

 サッカーのイタリア・カップ準決勝第2戦は11日、ミラノで行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテル・ミラノはローマと1―1で引き分け、2試合合計2―1で決勝進出を決めた。長友は左サイドバックでフル出場した。

 インテルは後半13分にFWエトオのゴールで先制し、ローマの反撃を1点に抑えた。インフルエンザから回復した長友は、主に守備面で勝利に貢献した。

 29日の決勝でパレルモと対戦する。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2011年5月12日のニュース