それでも気を引き締めるルーニー「プロの仕事をして決勝に行く」

[ 2011年4月27日 09:49 ]

<シャルケ・マンチェスターU>後半、ゴールを決めて喜ぶFWルーニー

欧州CL準決勝第1戦 マンチェスターU2―0シャルケ

(4月26日 ゲルゼンキルヘン)
 アウェーの地で2―0快勝。2季ぶりの決勝進出へ前進したマンチェスターUのファーガソン監督は「実にいい試合。全員がお互いを信頼し、いい試合をした」と満足感を漂わせた。

 守備では危ない場面もなく、攻撃ではギグス、ルーニーがきっちりゴールを決めた。正確なパス回しからルーニーやエルナンデスが相手守備陣の裏を突き、サイドでは朴智星やバレンシアが次々と好機をつくる。前半は無得点だったが、後半の2得点は必然の結果に思えた。それでもルーニーは「シャルケを軽視はできない。プロの仕事をして、決勝に行く」と気を引き締めていた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2011年4月27日のニュース