劇弾の常盤「勝ててファンの笑顔違った」

[ 2011年4月23日 20:44 ]

J2第8節 水戸2―1徳島

(4月23日 Ksスタ)
 後半ロスタイムに劇的な勝ち越しゴールを決めた水戸のFW常盤は「がむしゃらにいった。被災地のチームとして(地元に)元気と勇気を与えられたらと思っていた」とうれしそう。短い縦パスを受けてゴール左に鮮やかに突き刺すと、バック転を決めて喜びを爆発させた。

 中断期間中はチームで茨城県土浦市の避難所を訪れ、ボランティア活動に当たったという。東農大出身の23歳は「水戸市内も地割れがあったし、選手が行きつけの食堂も営業できないまま。勝ててファンの笑顔がいつもと違うと感じた」と安堵した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月23日のニュース