JFLが開幕 震災で1カ月以上遅れ

[ 2011年4月23日 19:12 ]

 東日本大震災で開幕が3月13日から延期されていたサッカーの日本フットボールリーグ(JFL)が23日、1カ月以上遅れてスタートし、第7節の3試合が行われた。前期は被災したソニー仙台を除く17チームで争う。

 昨季2位のSAGAWA・SHIGAはホンダロックに1―2で敗れ、FC琉球はV・ファーレン長崎に3―1で快勝。佐川印刷とツエーゲン金沢は0―0で引き分けた。24日には第7節の残り試合が行われる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月23日のニュース