宇佐美 幼なじみの19歳女優と年内結婚へ

[ 2011年4月23日 06:00 ]

10代での結婚を決めたG大阪の宇佐美

 G大阪のU―22日本代表MF宇佐美貴史(18)が年内にも結婚することが分かった。同じ京都府長岡京市出身の幼なじみで、女優やキャスターとして活躍する田井中蘭(19)と交際を続けており、関係者は「年内結婚の方向で話は進んでいる」という。

 宇佐美は「タイミングが来れば、しっかりと話したい。私的なことなので、あまり騒々しくしてほしくない。そっとしておいてほしい」と明言は避けたが、真剣交際は認めた。

 田井中とは中学時代に交際スタート。田井中が上京したこともあって一度は別れたが、昨年になって復縁した。その後は早期結婚を強く意識していたもようだ。

 この日は、24日の再開初戦広島戦(広島ビ)に向けて非公開練習を行った。ACL済州戦から中3日と過密日程になるが「疲れはない」と万全を強調した。

 宇佐美にとって今年は勝負の年。6月にはロンドン五輪2次予選クウェート戦、9月には同3次予選が控える。その先にはロンドン五輪本大会、目標とする海外移籍がある。生涯の伴侶を得ることになった“日本の至宝”の新たなチャレンジが始まる。

 ◆宇佐美 貴史(うさみ・たかし)1992年5月6日、京都府長岡京市生まれの18歳。G大阪ジュニアユース時代から天才として注目され、ユース在籍中の2008年に飛び級でトップ昇格。09年5月にJデビューを果たし、レギュラーに定着した昨年は26試合に出場して7ゴールを挙げ、リーグのベストヤングプレーヤー(新人王)にも選出された。今季から背番号11を背負うU―22代表。1メートル78、68キロ。

 ◆田井中 蘭(たいなか・らん)1991年(平3)9月17日、京都府長岡京市生まれの19歳。05年雑誌のオーディションをきっかけに芸能界入り。テレビ、映画など女優業を中心に活動。大学受験を機に一時休養していたが、10年からキャスターとして活動を再開する。成蹊大文学部在学中。1メートル52。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月23日のニュース