カーン氏 税関で申告怠り1488万円の罰金

[ 2011年4月23日 06:00 ]

 ドイツの地方裁判所は21日、元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏(41)が空港の税関で購入品の申告を怠ったとして罰金12万5000ユーロ(約1488万円)の支払いを命じた。

 同氏は10年2月にUAE・ドバイから帰国する際、7000ユーロ(約83万円)相当の衣類や装飾品を現地で購入しながら、課税申告が不要な列に並び、検査で不正が発覚。当初は罰金35万ユーロ(約4165万円)の支払いを求められていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月23日のニュース