アルシンドJr.あるぞ先発 1G1Aならアタリマエ

[ 2011年4月21日 06:00 ]

練習試合 鹿島サテライト4―0鹿島ユース

(4月20日 鹿嶋)
 鹿島は20日、鹿嶋市内で鹿島ユースと練習試合を行い4―0で快勝した。93、94年に在籍したアルシンド氏の長男、新外国人FWイゴール(18)が1得点1アシストの活躍で勝利に貢献。FW陣に故障者が続出する中、リーグ再開初戦となる23日の横浜戦(国立)でのメンバー入りを猛アピールした。

 アルシンドのDNAを受け継ぐストライカーがその才能の片りんを見せた。2―0の後半11分、新外国人イゴールが、右サイドでDFを引きつけた小谷野のパスに反応。左足の絶妙のトラップから右足を振り抜くと、バーに当たったボールがネットを揺らした。後半10分にはDFを引きつけて本山のゴールをアシスト。「コンディションは上がってきた。ゴールとアシストができたのはチームに慣れてきたからかな」と笑顔を見せた。

 チームの救世主になる可能性を秘めている。左内転筋痛の大迫、右太腿裏痛のカルロン、右内転筋痛の田代とFW陣に故障者が続出中。3選手ともに23日の横浜戦出場は微妙な状況で、イゴールが初のベンチ入りをする可能性も浮上している。イゴールも「いつでも試合に出る準備はできている。あとは監督の判断。チャンスがあれば練習の成果を出したい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月21日のニュース