残留に近付く勝利に貢献 安田「声を出し過ぎてガラガラ」

[ 2011年4月17日 09:42 ]

フローニンゲン戦の後半、競り合うフィテッセの安田

 サッカーのオランダ1部リーグが16日に行われ、フィテッセのDF安田理大はホームでのフローニンゲン戦に右サイドバックでフル出場。2―1の勝利に貢献した。

 安田は「声を出し過ぎて、もうガラガラ。勝ったら実質、残留が決まるゲームだったから、すごく気持ちが入った」と充実感を漂わせた。

 前後半を通じて積極的にオーバーラップした。サイドに好選手を配することが多いオランダでは、守備でもレベルの高い選手と競り合う場面が多く「ステップアップしたいと思っている俺にとってはすごくいいこと」とうなずいた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月17日のニュース