長友 残留決定的!イタリア地元紙一斉に報じる

[ 2011年4月16日 06:00 ]

 インテル・ミラノのDF長友佑都が来季もチームに残留することが決定的となった。

 15日付のイタリア地元紙が一斉に報じた。13日の欧州CLシャルケ戦では試合に敗れたものの、圧倒的な運動量で欧州CL初先発とは思えぬ存在感を発揮。クラブ首脳の信頼をより強固にした。長友は今年1月末、今季終了までのレンタル移籍後に5年契約で完全移籍となるオプション付きの超大型契約を締結しており、言わば規定路線通りの残留となる。16日のパルマ戦では本来の左サイドバックのレギュラーDFキブが出場停止から復帰するが、イタリア各紙は長友の先発を予想。周囲の評価も急上昇している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年4月16日のニュース