先制アシスト 安田「マン・オブ・ザ・マッチ」に

[ 2011年3月13日 07:52 ]

ヘーレンフェイン戦で競り合うフィテッセの安田(左)

 サッカーのオランダ1部リーグでDF安田理大が所属するフィテッセは12日、ホームでヘーレンフェインと対戦し、1―1で引き分けた。

 右サイドバックでフル出場した安田は、前半43分の先制点をアシストするなど活躍し、この試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた。

 試合後はオランダ語で「日本のみんな、頑張って」と書いたシャツを見せた。「気持ちは相当入っていた」と、東日本大震災の被災者を激励したい思いが原動力になった。

 前半43分に右から長いクロスをゴール前の味方に合わせ、先制点を演出した。「相手のサイドの選手をマークするのがしんどくて、上がれるチャンスは数回かなと。その中で決定的な仕事ができた」と喜んだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月13日のニュース