日本協会 アジア連盟にACL延期を申し入れ

[ 2011年3月12日 16:50 ]

 日本サッカー協会の田嶋幸三副会長は12日、アジア・サッカー連盟(AFC)に対し、15、16日に国内で行われる予定のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)2試合の延期を申し入れたことを明らかにした。田嶋副会長は「日本中の危機。(Jリーグの)大東チェアマンとも話し合った。正式決定ではないが、ほぼそう(延期に)なると思っている」と述べた。

 15日には1次リーグF組の名古屋が名古屋市瑞穂陸上競技場でアルアイン(アラブ首長国連邦)、16日にはH組の鹿島がカシマスタジアムでシドニー(オーストラリア)と対戦する予定。鹿島は地震による競技場の被害が大きいとして、AFCやJリーグに対し「開催が不可能」と報告した。

 また、田嶋副会長は日本代表の国際親善試合、モンテネグロ戦(25日・静岡スタジアム)とニュージーランド戦(29日・国立競技場)の開催について「当面は、この1週間の対応を考えないといけない。まだ話はしていない」とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月12日のニュース