都内で恐怖の一夜 ザック監督「ゴムの家にいるようだった」

[ 2011年3月12日 11:46 ]

東日本大震災

 日本で東日本大震災に遭ったサッカー日本代表のザッケローニ監督は11日、衛星テレビのスカイ・イタリア(電子版)に「全てが波打つのを見た。まるでゴムの家にいるようだった」と恐怖の体験を語った。

 同監督は東京都内の21階建てのマンションの4階の部屋におり、指示に従って屋外に避難。「電話回線がパンクしていた。第一に考えたのはイタリアにいる家族に無事を伝えることだった」。唯一通じたネット電話「スカイプ」で安否を母国に伝えたという。

 「印象的だったのは人波が道路にあふれていたこと。川が流れるように歩いていた」と目の当たりにした光景を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月12日のニュース