ペトロヴィッチ監督黒星発進「パスミスで流れ変わった」

[ 2011年3月6日 15:36 ]

<神戸・浦和>前半、ドリブルで攻め込む浦和・田中

J1第1節 浦和0―1神戸

(3月6日 ホームズ)
 浦和のペトロビッチ新監督はかつてプレーした古巣での初采配を飾れなかった。「前半20分までは試合を支配した。だが、不必要なパスミスが続いて神戸に速いカウンターを許し、試合の流れが変わってしまった」と記者会見では終始厳しい表情を崩さなかった。

 冷静さを欠いた鈴木の退場は悔やまれるが、柏木、田中らを起点に好機をつくり、シュートは神戸を上回る16本。守備が崩された場面も少なく、警戒していたFKでの失点は悔いが残る。GK山岸は「壁のつくり方に問題はなかった。(抜かれたのは)自分が担当するサイド。悔しさは強い」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月6日のニュース