柏3発鮮烈復帰!ワグネル芸術FKで先制弾

[ 2011年3月6日 06:00 ]

<柏・清水>前半、フリーキックで先制ゴールを決める柏のジョルジ・ワグネル

J1第1節 柏3―0清水

(3月6日)
 2年ぶりにJ1へ復帰した柏が、新助っ人の“美しすぎるFK弾”などで昇格組で唯一の開幕戦白星を挙げた。前半21分、正面約20メートルのFKをDFジョルジ・ワグネルが左足を一閃(いっせん)。シュートは右サイドネット上に突き刺さるデビュー戦ゴールとなった。

 クルゼイロ、コリンチャンス、インテルナシオナル、サンパウロなどブラジルの名門クラブで数々のタイトルを獲得している“優勝請負人”は「練習の成果。チームにとって大きな先制点だったと思う」と胸を張った。

 後半も速攻からのMFレアンドロ・ドミンゲスのダメ押し弾など2点を加え、3―0と清水に圧勝。シュート数でも14―5と大きく上回り、ネルシーニョ監督は「相手を上回っていた印象を残せたと思う」と満足げに話した。主将のMF大谷が「(J2で)昨年からやってきたサッカーに自信を持っていた」と言えば、先制点につながるFKを獲得したFW大津は「J1でも上位を狙えるチームだと思っている」。昨季J2で培ったベースに実力派の新戦力を加えて、広島、C大阪に続く昇格組3年連続のACL切符を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年3月6日のニュース