ベッカム“ナイスアシスト”笑顔で現場を後に

[ 2011年2月11日 06:00 ]

 イングランドのスーパースター、デビッド・ベッカムが“ナイスアシスト”をした。このほど、車の故障によりロンドン郊外で立ち往生していた家族を助けたもの。子供2人を学校に送る途中だった写真家のポール・ロングさんによれば、故障に気づいたベッカムが「大丈夫かい」と近寄り、車を安全な場所まで押してくれたという。

 ロングさんは「君はベッカムだね」と話しかけたが、ベッカムは笑顔のまま去った。9日にBBCラジオで当時のいきさつを語ったロングさんは「ありがとうデビッド、アイラブユー」とあらためて感謝。ベッカムは現在、トットナムでトレーニングをしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月11日のニュース