ブラジル代表GKが長友称賛「凄く良くやっている」

[ 2011年2月10日 06:00 ]

 インテル・ミラノのブラジル代表GKジュリオ・セザールがDF長友佑都を称賛した。代表合宿中のパリで1月の新加入選手について触れ「パッツィーニや長友は、彼らのパフォーマンスを見れば素晴らしい獲得だと分かった。みんな合流した時点から凄く良くやっている」と語った。

 長友が1月まで所属したチェゼーナのミノッティ強化部長は「彼が旅立って寂しくなった」とした上で「今回の移籍(で得られる移籍金)はきっとチームの将来に役立つ」と話した。(ミラノ・神尾光臣通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年2月10日のニュース