×

長友「ウケ狙い」のパフォーマンスに笑いと喝采

[ 2011年2月8日 07:22 ]

<インテル・ローマ>試合終了の笛を聞いた後、カンビアッソ(19)と抱き合って勝利を喜ぶ長友
Photo By スポニチ

 イタリアセリエAのインテル・ミラノに移籍した日本代表DF長友佑都(24)が6日、ホームで行われたローマ戦の後半30分から左サイドバック(SB)で途中出場し、待望のビッグクラブでのデビューを果たした。

 わずか15分のデビュー戦。それでも昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制したスター軍団に実力を認めさせるには十分だった。

 試合後、レオナルド監督や元イタリア代表DFマテラッツィが「コンプリメンティ(良くやったな)」「ブラーボ(素晴らしい)、ナガ!」と抱きついてきた。

 「ウケ狙いでした」という日本式のお辞儀パフォーマンスをサポーターに披露すると狙い通りの笑いと喝采も誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2011年2月8日のニュース